VRを利用したホームステージングについて

収益ビルをお持ちの物件オーナー様、是非ご相談ください

新築やデザイナーズマンションの広告ディレクションやバリューアップをお任せください。

物件内容に応じた最適なバリューアッププランのご提案と実施サポート

  • 03-3470-1951
  • 9:30-17:30/定休日:土日祝/北辰不動産「Studio C+」

バーチャルステージングとは

みなさんは物件を見に行った時、家具も何もない部屋を見て「なんだか生活イメージが湧かないな」「がらーんとしていて寂しい感じだな」などと思ったことはないでしょうか。

 

日本の場合、物件の内覧は、何もない状態で行われることがほとんどですので、それは仕方ないことと言えるでしょう。

しかしながら、中古物件が多い欧米では、不動産をより魅力的に見せる方法として何年も前から行われてきた手法があります。

それが「ホームステージング」と言われる手法です。

 

 

物件を空室のまま紹介するのではなく、家具や小物を設置することで、物件そのものの魅力をより引き出して見せるのです。

これにより、内覧者はただの物件というよりも、生活そのものをイメージすることができます。

 

「ホームステージング」は売主側にもメリットがあります。

物件をより魅力的に演出できることで、なかなか埋まらなかった空室が埋まったり、

より高い価格での取引につながったりするのです。

 

しかしながら実際の家具や小物を用意し、物件に設置することは容易なことではありません。

そこで最近注目されてきているのが「VR(ヴァーチャルリアリティ)」を使った「ホームステージング」=「バーチャルステージング」です。

 

3Dのバーチャル技術を使い部屋に内装を施すことで、実物の家具や小物を用意するよりも、低価格で気軽に、そして様々な顧客のニーズにあったパターンで、実際の生活イメージを感じていただけるようになるのです

VRホームステージングイメージ例

※CGパースは建築計画図面を元に描き起こしたイメージ画像で実際とは異なります。

ますます進化しているVRの技術を使い、ご自身の物件を「ホームステージング」によりより魅力的に見せたいというオーナー様がいらっしゃいましたら、ぜひお問い合わせください。

 

弊社ではこのように、物件のバリューアップのお手伝いや、ご相談を承っております。

 

物件に関するお問い合わせ・ご相談はこちら